検索
Close this search box.

下水道に関する事業


下水道事業の持続可能な運営には、土木、機械、電気、化学、経営等に関する専門的な知識を必要とします。これらの知識は、建設時はもとより、維持管理、そして将来の改築更新時にも必要となります。
下水道整備や維持管理、経営に携わってきた経験豊富で専門知識を有する職員が不足するなか、様々な社会的ニーズ、住民ニーズに対応する必要があります。

自治体の抱える問題

都市技術センターが自治体の抱える課題の解決をサポートします

大阪府・大阪市をはじめとする地方自治体で培った豊富な行政経験を有する職員が、様々な支援メニューを提案し、自治体の皆様が抱える多様な課題の解決をサポートします。

行政経験豊富な職員がお客様の視点に立ち、計画・施設設備から維持管理、排水規制、経営まで、あらゆる局面で支援を行い、下水道事業の持続可能な運営に貢献いたします。

当センター職員が、管渠・ポンプ場の計画、設計、工事監理など、様々な技術協力を実施します。

R5年度実績:
守口市、泉大津市、交野市、箕面市、宇治田原町(京都府)からの受託業務

当センター職員が、下水処理場やポンプ場の維持管理をはじめ、改築更新計画の策定等の技術支援を実施します。

R5年度実績:
茨木市、摂津市、箕面市、松原市、泉大津市、忠岡町からの受託業務

当センター職員が、工場・事業場への立ち入り調査等を適正にサポートして、排水規制の円滑な運営を実現します。
→詳細はこちら

R5年度実績:
河内長野市ほか23市町からの受託業務

当センター職員が、排水設備計画確認申請・公共下水道施設築造工事施工承認申請他の内容確認・現場調査・検査の支援を実施します。

R4年度実績:
守口市からの受託業務

当センター職員が、公営企業会計への移行後における、経営戦略の見直し、会計事務のアドバイザリー及び下水道使用料改定などの支援業務を実施します。

R5年度実績:
能勢町、忠岡町、田尻町、千早赤阪村からの受託業務

下水道排水設備工事責任技術者試験及び更新講習

下水道排水設備工事責任技術者にかかる試験、更新講習の申請受付と開催、登録の申請受付と責任技術者証の発行という一連の排水設備関連業務について大阪府下水道協会より受託しています。また、大阪配管高等職業訓練校への講師派遣を行っています。
お知らせはこちら

R5年度実績:
大阪府下水道協会からの受託業務